友駿ホースクラブでは、年度ごとに表題なる冊子が届きます。そこには、当クラブの馬ごとの出走履歴、獲得賞金、企業でいう財務諸表のようなものまで、詳しくまとめられていて読んでいて面白いです。販売口数まで乗っているので、満口にならない馬でもどのくらいまで売れたかも分かります。満口間近の馬もいれば、半分にも満たない馬がいたり…。

そんな面白い報告書が最近届き、主に出資馬のところを確認していると、セグレートシチーの項目が酷い(笑)

肝心な数値のところのカンマの位置がめちゃくちゃで、1,844,3547円とか1,08,000円とか、一個ならまだしも、何個もあって友駿さんどうしちゃったの?って逆に心配になるような感じでした。粗探しをするつもりもないのに、妙な違和感ですぐわかりましたね。

ファンドという数字を扱う事業の中で、結構残念なミスですね。まぁ、この数字がおかしいからって何か不利益があるかというとそんなことないので、微笑ましく眺められました。賞金の計算とかか狂ってなければ良いです。なんとなく、使ってるシステムが古いんじゃないか?(カンマも手打ちとか)って思いますが、余計なお世話なのですね。

セグレートシチー分を担当した人の入力ミスであれば、少し休ませてあげてください。結構疲れてるはずです。

報告書自体は面白いので、今後も続けていただければと思います。