愛馬の出走結果が出ました。



ヴァルディノート 1/19(土) 京都8R(13:55) 4歳上1000万下 ダ1800m 北村友騎手 6着(4番人気)

ガウディウム 1/20(日) 中京9R(14:15) 4歳上500万下 芝2000m 荻野極騎手 3着(7番人気)

以上です。

ヴァルディノートはスタートから後方につけ、ただただ追走し、最後の直線で全く伸びずに6着。9頭立てで6着ですから、大きく負けた感じです。騎手コメントでは馬場や展開が合わなかったみたいです。レースを見ているときは、まったくもってアクションを起こそうとも見えず、「そりゃ届かないよ」って素人目でもわかる位置でも何もせず、今回はそこから伸びもしないまま終わり、なんとも消化不良感がありました。わざと無気力騎乗してるのかと疑ってしまうくらい、何の工夫もしてくれなかったので寂しかったですね。クラブなのか、私を含めた出資者なのか、何か恨みを買うようなことしましたかね?さすがに次は乗り替わってほしいのですが、その時は一流ジョッキーは見込めないでしょう。ちょっと転厩してほしい気もしました。個人的には、北村友騎手のスタート直後に「おっと!」って感じで馬の勢いを殺すようなしがみつきが嫌いです。

ガウディウムはスタートもそこそこに、前めから中団の位置につけ、道中囲まれながらもうまく我慢して、直線は伸びきれない中でも頑張っての3着。いろいろと苦しい条件の中、上出来だったのではないでしょうか。このクラスではいずれ順番が回ってくると思います。ただ、その順番が早いのか遅いのかは今後の厩舎のレース・騎手の選択次第です。(あまり期待していません)

どちらも期待していただけに勝てなかったのは残念ですが、また次走に期待したいと思います。

お疲れ様ヴァルディノートガウディウム