愛馬の出走結果が出ました。

ヴァルディノート 1/5(土) 京都)9R 4歳上1000万下 ダ1800m 北村友騎手 3着(6番人気)

ディキシーナイト 1/6(日) 中山10R ジュニアカップ 芝1600m マーフィー騎手 3着(1番人気)

以上です。

ヴァルディノートはスタートから後方待機。勝ち馬(レッドアトゥ)がスルスル上がっていくところもじっと溜めて、そりゃ届かないだろうぜってところから頑張っての3着。これ、勝ち馬の動きをしなきゃダメなレースでしたね。そうすれば勝てていたと思います。勝ち馬の岩田騎手はこそっと上手に捲りつつ4コーナーで一瞬抑えてでも外に出しての完勝。一方でヴァルディノートはよく3着まで来たなという感じで、まったくもって勝ちに行く競馬ではありませんでした。北村友騎手のコメントに「この調子ならチャンスは来る」みたいな、消極的というか、勝ちに行く気合がない感じが残念でした。麻雀みたいに、1位じゃなきゃ意味がないくらいの、1レース1レースを何とかして勝つ方法はないかを貪欲に追及してもらえる騎手に今度は乗ってもらいたいと思います。続戦の意向なのがせめてもの救いです。

ディキシーナイトはスタートそこそこに先団にとりつく。終始囲まれる形で、直線でも進路が開かず、追い出したころには届かずの3着。人気を裏切る形となりました。最初はうまく裁いて外に出してくれよと思いながら、改めてレースを見ると、こりゃ苦しい展開。勝ち馬に乗った田辺騎手に完全にやられましたね。相手を褒めてもよさそうな感じです。完全にマークされて道をふさがれ、空いた時には時すでに遅し。こういった巧みなレースは愛馬がやってやりたいもの。今回は残念でした。まぁ、1番人気の宿命かもしれませんから、今回のように囲まれながら我慢した経験を良しとして、次走に生かしてほしいと思います。ここで勝てずに放牧予定。弥生賞やスプリングSは遠のきましたかね・・・。

どちらの馬も能力はあるだけに残念でした。気を取り直して次走に期待しましょう。お疲れ様ヴァルディノートディキシーナイト