愛馬の出走結果が出ました。

 

セグレートシチー 10/20(土) 新潟7R 3歳上500万下 ダ1200m 薫騎手 10着(6番人気)

ティレニア 10/20(土) 京都5R 2歳新馬 芝1400m 浜中騎手 2着(5番人気)

 

以上です。

 

セグレートシチーはスタート良く飛び出し、ハナを奪えそうな感じも、騎手に抑えられながら中団に下がっていき、直線ではほとんど無気力で流されての10着。最初見たときはびっくりした内容でしたが、パトロールビデオを見てると、かなり右に刺さっていて、これを抑えているうちにレースが終わってしまった感じですね。左回りを敬遠してきた理由なのか、結果なのか、矯正にはもう少し時間が必要そうです。こういうのもあって左回りへの挑戦と、黛騎手をあてがったのでしょうかね。レースだけを見てると、セグレートシチー絡みの馬券を買った人は怒ったでしょうね、「騎手何やってんだ」と。他馬に大きくぶつからなくて良かったです。少し経験を積んだのち、得意な右回りで一発狙ってほしいですね。

 

ティレニアはスタートも良く先団にとりつき、上手に馬群の中で省エネコースを追走。直線はヘタるかと思いきやしぶとく残っての頭差2着。全体的にレースは上手そうで安心しました。勝ち馬ならびに3着馬は外ぶん回しで追い込んできた中での接戦ですので、次走は確勝かといえばそうでもなさそうですが、大きく崩れることもないかと思います。近いうちに勝ち上がれそうで安心しました。もう少し体が大きくなってくれると安心ですね。ここはジャスタウェイ産駒、これからの成長に期待しましょう。

 

ティレニアのデビューと同日4Rに偶然同じキャロットのエスコビージャも出走していて、3着となっていました。そう、この馬、一般申し込み抽選にて落選してしまったバイラオーラの16です。順調にデビューまで迎えて3着と、これは良かったですね。出資したかったです。運よく一般で当選したティレニアのデビューと同じ日なんて、面白い偶然でした。(エスコビージャが勝って、ティレニアが惨敗ということがなくて良かったです。。。)

 

2頭ともお疲れさまでした!