今月よりシルクホースクラブの支払いが始まったのと、この際、出資が決定したキャロット1歳馬の初期費用(馬体価格)を加味した収支に修正します。初期投資分でグッと収支としては数字が落ちますが、ここからグングン回復させたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

黒字化を目指す一口馬主ですが、恒例の収支報告です。

 

9月の収支です。

キャロットは8月実績分
友駿は7月実績分
シルクは8月実績分

支出   17,036円
収入   38,293円
会員費  10,152円
トータル回収率(カッコ内は前月比)
友駿   26%(+4%)
キャロット   38%(-7%)
シルク 0%(-%)
全体  35%(-%)

となりました。

最近収支が好調で、今年に入って9戦7勝(9月間のうち7つの月で黒字)でした。程度の差はあれ、実にこれまでに蒔いた種が実っている状態です。

 

今月は特に友駿HCの成績が良かったです。ラニカイシチーの地方交流優勝、セグレートシチーの月3走、アンシャンテシチーの精算と。この頃、友駿HCの引き落とし用に口座に入金していない気がするので、ほんと安定していて助かってます。ま、アンシャンテシチーは地方転厩となってしまいましたが。結局は純回収率18%に終わりました。

キャロットのほうも、ヴァルディノートが3着に1回来ただけでも4口パワーで黒字にまで持ってきてます。(一部、ブランシェクールの稼ぎも合わせてですが)

次月はキャロット軍がなかなかの成績を収めてるので過去最高クラスの収入になるかもしれません。(アルフレードがG1勝った時に迫れるかどうか?)

新しく出資することになった6頭の出資金払いのためにはまだまだ足りませんので、これからも安定して稼いできてほしいです。