こんにちは。
馬なりオーナーです。

友駿ホースクラブから、2017年産馬募集カタログが届いていました。

パラパラとラインナップを見た第一印象は「相変わらずだな」と。ある意味このクラブの色が出ていて良いのかもしれません。低価格ですし、それがゆえに新種牡馬にチャレンジするなどそれなりの工夫はしているようです。

相変わらずなのは厩舎でしょうか。キャロットなどではお目にかかれない方々もいますが、毎度同じような顔ぶれに感じるため、ここはちょっと残念な気がしています。(実は変わっているのでしょうけど)

ただ、松永幹夫厩舎が登場しているのには驚きました。人気しそうですね。

 

私は退会を考えつつあるので今年も出資は控えますが、私がパッと見て出資するとしたらケープタウンシチーの2017かなと思いました。出資しませんけど。

今年生まれたばかりの馬を見定めるのはとても難しいですが、腕の見せ所ともいえるわけです。私的には魅力的に映りませんでしたが、一口馬主を始めてみようとか、確実に気に入った馬に出資したい人たちにとって友駿ホースクラブは良いのかもしれません。キャロットなどは人気過ぎて気に入った馬に出資するのも一苦労ですから。高いですし。

みんな無事に育って競馬会を盛り上げていってほしいものです。

募集馬ラインナップはクラブのホームページにてご確認ください。