こんにちは。
馬なりオーナーです。

今回は、もはやタラレバの世界に近いですが、過去に出資したくてもできなかった馬たちを振り返りたいと思います。出資できなかったというのはつまり、抽選に漏れた馬たちです。

友駿ホースクラブの方は、過去にそういったことがなかったので例はありません。(それはそれで寂しいですが…クラブの方人気という意味でも)

キャロットクラブにおいて、抽選に漏れた馬たちは以下の通りです。

ダークサファイアの12        (現名サフィロス)         バツなし最優先落選
ラズベリータイムの13        (現名グースベリー)     一般落選
ベネディーレの14             (現名ガンサリュート)    バツなし最優先落選
アビラの14                       (現名サンタテレサ)      一般落選
ラフィントレイルの15                                            一般落選

以上です。

抽選での落選が続くようになったのも、割とここ数年なんですね。
これは、抽選になるほどの人気馬を自分も選べるようになってきたことと、単にキャロットクラブの会員が増えすぎたことの2つの理由があるでしょうね。

出資したい馬は人気しないで欲しいと願いつつ、人気になったらなったで自分の目が正しかったと証明されたようでなんだか嬉しいしで、一口馬主あるあるですね。逆に、これは!というような馬がいて、抽選にもならなくてあっさり出資できたりするとなんだか拍子抜けであり、むしろ不安になりますね。
最近でいうとガウディウムがそれにあたります。最優先かつ複数口行ってみようかと思ってたくらいでしたので。でも募集期間中の途中経過見て、最優先は使わなくて行けそうだったので一般応募しました。デビュー2戦目で勝ち上がってくれたので何よりですが。

さて、その逃した魚ならぬ馬は大きいもので、サフィロスガンサリュートはちゃんと勝ち上がっています。
抽選漏れだったので割と悔しさはないですが、こうやってちゃんと勝ち上がってくれると、自分の判断は間違ってなかったと自信になります。出資できた皆さんが羨ましい気持ちはありますが。

仮説と検証は馬の目を養うという意味でも必須のことだと思っていますので、一度はこれだ!と思った馬は出資如何に関わらず、その後も注目しています。本当は、そういう馬には全部出資していきたいのが本音ですが、人気クラブはそうもいきませんので。

ちなみに、一年だけPOGをやってみたのですが、個人的には盛り上がらなかったのでその年限りでやめてしまいました。やはり身銭を切ってこそ得られるドキドキとか、本気度とかあるのでしょうね。個人差はあるかと思いますけど。

ではまた。