こんにちは。
馬なりオーナーです。

今週末にわが出資馬の出走予定は1頭のみです。

 

ジェベルムーサ 11/12(土)東京11R 武蔵野S-GⅢ ダ1600m 柴山騎手

ついに、エースであるジェベルムーサが出走です。
体質的に弱いのか、このところは半年に1回走ってはなんともしっくりこない結果に終わっていました。
さらにここ2走くらいはいつもの捲りは鳴りを潜め、前目につけて見せ場なしに終わっています。
この点は次走でも懸念材料でありますので、どのような戦法で行くのか気になります。
今回はデビュー戦で「ここから届くの!?」って距離から刺して見事新馬戦を飾った舞台。
その時も柴山騎手ですし、もう同じ戦法でいいのではないかと思っています。ヘンにポンッと出てしまって前目で競馬してしまうと、良さが生きないような気がします。かといって若いころの末脚を繰り出せるのかというともはやそこも疑心暗鬼になるところです。だとすると捲るのか・・・。何かと難しいレースになりそうです。

何といっても、最初の敵は無事に発走の瞬間を迎えることです。先週までの追切では調子が上がってこなかったようなのですが、今週の追切でなんとか上がってきたとクラブの更新がありました。”万全”とまではいかないのでしょう。この馬に関しては、その万全な瞬間を待っているとその時はやってこない可能性がありますから。このまま順調にいくことを願うばかりです。

個人的に唯一の懸念材料は騎手ですね。あくまでも個人の意見として、柴山騎手は私の出資馬とも相性が悪く、「騎手が違ったら勝てたのではないか?」と思ってしまうレースはいくつかりますが、「柴山騎手でよかった!」と思えるレースは一つもない・・・。わかってます。相性が悪いだけです。。。
ジェベルムーサとはデビュー戦での勝利があるとはいえ、個人的には岩田騎手のほうがよかったですね。
もう決まったことですので、この際だから下手糞にスタート出してぽつんと追走、最終コーナーで大外出して一気刺し。新馬戦のようなレースに”結果的に”なってくれることを期待します。”意図的に”やってもらおうとするとたぶんダメです。やるならデムーロ乗せてください。

とにもかくにも、無事にレースを迎えていい位置で帰ってきてほしいですね。
ファンも多いのでみんなが心待ちにしていると思います。

がんばれジェベルムーサ
ではまた。