こんにちは。
馬なりオーナーです。

今日は、現在加入している一口馬主のクラブを紹介します。
一口馬主って何?という方は、他に多くの方が解説してくれているので、そちらを参照ください)

私が現在加入しているクラブは2つあります。
①友駿ホースクラブ
②キャロットクラブ

です。
過去に退会したクラブはありません。

かねてより、社会人になったら一口馬主をやってみようと思っていて、いざ社会人になった年に①の友駿ホースクラブに加入しました。2008年の事です。

なぜこのクラブを選んだかというと、何を隠そう「一口馬主=友駿ホースクラブ」という勝手な思い込みがあったからです。他に調べもしなかったんですね。ダメな例です。それでも、初めて出資した馬が走るときはドキドキワクワクして本当に楽しかったですね。この辺りの経緯はまた追って紹介したいと思います。

一口馬主を始めてから1年くらいした頃に、②のキャロットクラブに加入したわけです。
友駿ホースクラブ以外のクラブもあることを知ったことと、募集馬のラインナップが多くて魅力的だったからです。

ざっくりいうと、
友駿ホースクラブ=10頭/年
キャロットクラブ=80頭/年

くらいの差がありますから。
やはり選択肢は多い方がいいですからね。

私が加入してからの両クラブは、タップダンスシチーエスポワールシチーが引退してからパッとしない友駿ホースクラブ。方や、アルフレード(実は私の出資馬!)くらいからコンスタントにG1馬を輩出し、今やモンスタークラブとなったキャロットクラブ。とても対照的であります。

ですが、実績とは反比例するように人気になりすぎて希望の馬に出資できないキャロットクラブ。
エスポワールシチーのようにまた一発当てて欲しいと応援したくなる友駿ホースクラブ。
こんな思いがあって、今も2つのクラブを続けているわけです。(会費とか考えると痛いですけどね)

分割口数も、
①友駿ホースクラブ=500口
②キャロットクラブ=400口
と、既婚サラリーマンのお小遣いの範囲内でなんとかやっていけそうな規模なんです。

ゆくゆくは、出資した馬が稼いで40口分割のサンデーサラブレッドクラブなどに手を染めたいと企てています。

お金の面でも、サービスの面でもクラブによってまちまちですから、自分にあったクラブを探して、まずは始めてみるといいと思います。もし興味がありながら迷っている方がいましたら、”とにかく始めてみる”ことをお勧めします。ただ、くれぐれも稼ごう!とだけは思わないことですね。

こういうのは、楽しんだ者勝ちです。

ではまた。